スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<国公立大2次試験>前期日程始まる(毎日新聞)

 国公立大2次試験の前期日程が25日、始まった。この日は国立81大学360学部、公立68大学142学部で試験がある。公立大の一部が実施する中期日程は3月8日以降で、後期日程は同12日から。

 2次試験全体の志願者は前年度より1万4260人多い48万9280人。前年度を上回ったのは7年ぶり。募集人員に対する志願倍率は前年度比0.1ポイント増の4.9倍。このうち前期日程は152大学520学部の募集人員7万8142人に対し26万1289人が志願しており、倍率は3.3倍(前年度比0.1ポイント増)。不景気を反映した地元志向から、公立大の志願倍率が前年度より0.3ポイント増え、6.7倍となった。【本橋和夫】

【関連ニュース】
国公立大入試:確定倍率は4.9倍 7年ぶり志願者増
明治大:志願者数日本一に 早大のV12阻止
立教大:理学部入試でミス
国公立大2次試験:志願倍率は4.7倍 出願締め切る
国公立大2次試験:志願倍率1.0倍…中間集計

国公立大2次試験 前期日程始まる(毎日新聞)
買い物客に暴走車突っ込み7人けが 駐車操作誤る 広島・福山(産経新聞)
飲食業界困った、「全面禁煙」厚労省が通知へ(読売新聞)
植物成分の超強力接着剤を開発=威力は2倍-北陸先端科技大の助教・石川(時事通信)
<バンクーバー五輪>スピード競技ウエア 下着透けてる?(毎日新聞)
スポンサーサイト

【かんさい発ECO応援団】間伐材利用で一石二鳥 「大阪府木材連合会」(産経新聞)

 ローコストの耐震工事や都市のヒートアイランド対策などに間伐材を活用しようという研究が進み、業界で注目を集めている。というのも、森林の間伐が進まないことが、大きな問題になっているからだ。込み合った森林を間引くことは、良質な木を育てるには欠かせないプロセスだが、働き手の高齢化などからなかなか進んでいないのが現状だという。だが、間伐材の有効な使い道があれば伐採も進むはず。大阪府木材連合会では、さまざまな間伐材の利用法の研究を進めている。(河居貴司)

 昭和20年代後半から30年代にかけ、第二次世界大戦からの復興に向けて多くの建築物を建てるため、国内各地の森林で伐採が進んだという。大阪府内の山も例外ではなく、はげ山になるところも多かったが、一方で昭和30~40年代にかけては植林も進み、山々は再び緑で覆われた。

 森林は定期的に間引きを行うなどの管理が必要だが、木材の低価格化や林業労働者の後継者不足などから、大阪府内では5万ヘクタールある森林のうち、8割が間伐が必要な状態になっているという。だが、間伐を行ったとしても、間伐材の利用方法がなければ、切った木がその場で放置されるだけ。そこで、府木材連合会は、新たな活用方法の模索を始めたのだ。

 まず、京大防災研究所などと共同開発したのが、ローコストの住宅耐震工事。一般的な耐震工事は一軒あたり数百万円と高額になる場合も多いため、二の足を踏んでしまう人も少なくないが、間伐材を使った耐震工事は一軒数十万円から導入が可能とあって、リーズナブルなのだという。ふすまや窓として使っている部分に間伐材で作ったパネルをはめ込むことで耐震性をアップさせる。府木材連合会の三宅英隆専務理事は「例えば、まずは寝室だけ耐震化するといったことも可能です」と話す。

 また、夏の暑さの問題を解消しようと、ヒートアイランド対策に間伐材を活用する方法も。昨年秋には、大阪市北区の中之島で、川の護岸壁に間伐材をはり付ける実験を行った。長さ約1・5メートルの間伐材を使い、約150メートルにわたってコンクリートを覆った結果、間伐材があることで、周辺より約3度も温度が下がったそうだ。

 さらに、スギの空気浄化能力を利用した商品開発を目指して、府環境農林水産研究所などと共同研究。三宅専務理事によると、「奈良の正倉院の宝物を納めていた箱にもスギが使われていたそうです」とのことで、スリット加工したスギをついたてや壁面材などとして使うと、カビやダニ、ウイルス抑制などが期待できるという。

 三宅専務理事は「間伐材を利用することは、山の環境を守るだけでなく、一般に暮らす人々にも効果をもたらしてくれるんです」と一石二鳥の効果をアピールしている。

<赤松農相>諫早湾開門調査、省内に委員会設置し検討(毎日新聞)
東京・八王子で震度3(時事通信)
ご当地グルメのギョーザで宣言=津市(時事通信)
審議拒否で執行部批判=舛添氏(時事通信)
裁判員 重い選択 鳥取2人強盗殺人初公判 関心高く 傍聴券求め848人(産経新聞)

クリスト&ジャンヌ=クロード展 “包む”楽しさ堪能、映像も(産経新聞)

 □東京・赤坂の21_21DESIGN SIGHT

 ■「お台場に広大な布」の計画を披露

 建物や橋を梱包(こんぽう)したり、自然の中に巨大な傘を立てるなど壮大な作品で知られる美術家で、高松宮殿下記念世界文化賞受賞者のクリスト&ジャンヌ=クロード。いま東京の21_21DESIGN SIGHT(東京・赤坂)で展覧会が開催され、コラージュ作品や梱包された作品などが展示されている。(渋沢和彦)

 「誰かの所有物なので一番難しいのは許可を得ること」。展覧会のために来日したクリスト(74)は、東京・台場のフジテレビで行われた講演会で世界各地で展開した過去のプロジェクトや現在進行中のプロジェクトを解説した。現在、進めているのは「台場プロジェクト、東京湾、お台場海浜公園」。1996年に台場を訪れ、完成を間近にしたフジテレビ本社ビルとその前に広がる海からインスピレーションを受けて構想した。

 台場の海にある小さな二つの島と陸を浮橋でつなぎ、公園内の遊歩道、空中歩道、フジテレビ本社ビルの正面にある階段をサフラン色の布で敷き詰める。布は9万平方メートルになる。「建物のもつクールな色に対し、暖かい色を。それが海につながると美しい」とサフラン色の布に決めたという。

 実現すれば展示期間は2週間を予定している。「このプロジェクトはレインボーブリッジから眺められ、周辺のビルからも眺めることができるのがいい」と立地条件の良さを挙げ、現在も着々と実現に向けた準備を進めている。

 一方、アラブ首長国連邦では77年から交渉を開始した「マスタバ、アラブ首長国連邦のプロジェクト」が進行中だ。砂漠の中にステンレス製のドラム缶41万本を台形状に積み上げ、高さは150、幅300、奥行き225メートル。数週間や数カ月展示されたらきれいに取り払われてしまうが、これは恒久的に展示される作品となる。

 彼らのプロジェクトは時間と巨費を必要とする。所有者がいるため、必ず交渉が必要だ。構想から数年でかなうものもあれば、何十年も経っても実現できないものもある。土地や建物の所有者との交渉が難しいためだ。

 美術には昔からパトロンがつきものだが、彼らの場合、誰からの資金は援助は求めず、プロジェクトのために描いたドローイングなどを販売して資金を集め、実現させる。

 クリストはブルガリア生まれ。ソフィアの美術アカデミーで学んだ後、1958年にパリに亡命した。その年に妻で共同制作者となるジャンヌ=クロードと出会い、約半世紀にわたりパートナーを組んでプロジェクトを実現してきた。パリにある由緒ある橋、ポン・ヌフなどを布で覆って話題となった。

 日本でも、91年に米・カリフォルニアと茨城で計3100本の巨大な傘を立てた。そうした活動が高く評価され、95年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。

 本展はクリスト夫妻と30年以上の親交があるファッション・デザイナーの三宅一生が企画。昨年11月に74歳で亡くなったジャンヌ=クロードを悼むと同時に、クリストを励まし、プロジェクトを応援するために急遽(きゅうきょ)開催した。展覧会では台場やマスタバのプロジェクトのコラージュ作品などとともに、缶や瓶を梱包した作品、ドキュメンタリー映像などで構成されている。4月6日まで開催。火曜日休み。

民主政調復活を否定=首相(時事通信)
訃報 藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」(毎日新聞)
京都の春彩る「京おどり」の衣装合わせ(産経新聞)
公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も-厚労省(時事通信)
利用客の本人確認義務化=ネットカフェ条例案提出へ-全国初、罰則も規定・警視庁(時事通信)

普天間、海兵隊移転に影響も=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は22日の衆院予算委員会の「経済・外交」に関する集中審議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「沖縄からの(海兵隊)8000人のグアム移転と基地の返還を強く期待しているが、普天間移転が日米間で合意できないと、(海兵隊移転にも)影響が及ぶ可能性は否定できない」との認識を示した。
 平野博文官房長官は、仲井真弘多沖縄県知事との会談で県内移設となる可能性もあると示唆したことについて、「ゼロベースで検討しているというのが前提だ。県民の負担軽減、危険性の除去という本来の趣旨に合致したものがベストな案だとの考え方の下に出た発言だ」と釈明した。いずれも公明党の東順治副代表への答弁。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

「押尾被告は事実話して」麻薬譲渡被告の初公判(読売新聞)
再会断られ少女の自宅放火、龍谷大生を再逮捕(読売新聞)
予算案、月内の衆院通過断念=24日に中央公聴会-民主(時事通信)
瓶で殴り浴槽に沈め女性殺害、借金男を逮捕(読売新聞)
柳田邦男さん 伝記絵本を翻訳…マータイさん「感謝!」(毎日新聞)

向精神薬 医師が元組員に30万錠横流し 営利目的で摘発(毎日新聞)

 大量の向精神薬「エリミン」を元暴力団組員に不正販売したとして、東京都新宿区の開業医が向精神薬取締法違反(営利目的譲渡)で関東信越厚生局麻薬取締部に摘発された。開業医だった父親から販売を引き継ぎ、3年間で約30万錠を横流ししたとされる。麻薬取締部は元組員が購入したエリミンをインターネットなどで密売していたとみている。開業医は「嫌で仕方なかったが、断ると危害を加えられると思った」と供述しているという。【町田徳丈】

 開業医は新宿区西新宿4、「山田医院」院長、山田常久被告(52)。09年10月に書類送検され在宅起訴された。

 山田被告は国立大を卒業し、86年に医師資格を取得。勤務医を経て、06年1月に父親の診療所を継いだ。医院は新宿新都心の超高層ビルを見上げる住宅街で長く開業し、高齢者の評判も良かった。

 捜査関係者によると、父親は診療所を譲る際、元暴力団組員(61)の名前を挙げて「エリミンが欲しいと言ってきたら渡せ。値段は適当に言うと多めに金を置いていく」と引き継いだという。

 ほどなく、短髪で白髪交じりの元組員が訪れた。来院する度に1000錠単位で要求してきた。ある日、恐る恐る何に使うのか尋ねると、元組員は「眠れないで困っているタイ人女性が何人もいる」と答えた。山田被告は「やはり第三者に譲り渡していたのか」と罪悪感を感じたが、「暴力団に流れているわけではないと思い、罪の意識が少し薄らいだ」と、横流しを続けた。

 エリミンは卸業者2社に注文。一度に3000錠を大量注文しても、理由を聞かれたことはなかった。それでも後ろめたい気持ちがあり、電子カルテには処方の記録を残さなかった。しかしパソコンには未収金を把握するため暗号で記録を残し、例えば「エリ×3 入金なし 残り10M」との記載は「3箱を譲渡したが、入金なし。未払い10万円」の意味だった。1箱(1000錠)を約2万円で仕入れ、約2万5000円で販売した。

 麻薬取締部などが09年2月に医院を立ち入り検査し、不正が発覚。山田被告は容疑を認めているという。元組員は「約5年前から購入し、タイ人に無償で渡しただけ」と供述しネットでの密売は否認しているという。山田被告は毎日新聞の取材に「もう何も話したくない」と口をつぐんでいる。

 ◇不眠症治療剤、依存症も

 エリミンは催眠・鎮静作用がある不眠症治療剤で、「ニメタゼパム」という有効成分が含まれている。だいだい色の錠剤で闇市場では「赤玉」と呼ばれる。依存性があり、他の中枢神経抑制剤、アルコールなどと併用したり、大量服用すると高揚感が得られるとされ、使用には医師の処方が必要だ。

 08年、大阪府大東市の診療所で約30万錠が不明になる事件があり、近畿厚生局麻薬取締部が同年10月、譲渡目的で所持していたとして診療所元事務長を追送検した。元事務長は「暴力団関係者に譲った」と供述。今年1月には、大阪府警が美容外科医を向精神薬取締法違反(営利目的譲渡未遂)容疑で逮捕した。この外科医は約6800錠を知人に譲っていたとみられる。

【関連ニュース】
麻薬譲渡:「押尾被告は罪を償って」友人が起訴内容認める
神奈川県警:「薬物ある」と誘い暴行…容疑の男を再逮捕へ
密輸容疑:中華まんの具は“覚せい剤”台湾籍の20歳逮捕
大麻所持:ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕
覚せい剤:病院事務部長を使用容疑で逮捕 神奈川県警

長岡宮跡で甲冑部品、歴代の皇族コレクション?(読売新聞)
<党首討論>「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相(毎日新聞)
石川議員の離党を了承=民主、処分せず(時事通信)
<非出会い系>被害が前年比4割増 規制強化が影響か(毎日新聞)
<架空増資>投資顧問会社社長に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

小沢氏求心力に陰りも=長崎知事選敗北、民主に痛手(時事通信)

 長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことは、内閣支持率下落に苦しむ鳩山政権にとって痛手となった。民主党内では鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題が響いたとの見方がもっぱらで、同党は夏の参院選へ不安を抱えた格好だ。党運営と選挙を一手に仕切る小沢氏の求心力低下につながるとの指摘も出ている。
 民主党の輿石東参院議員会長は21日夜、取材に対し「地方選とはいえ、結果が国政や参院選に全く無関係とは言えない」と述べ、敗北が政権運営に与える影響を否定しなかった。同時に「2010年度予算案を一日も早く成立させ、政策実現に全力を挙げれば、必ずや国民の理解は得られる」と強調した。
 小沢氏と距離を置く同党中堅は、敗因について「政治とカネの問題が直撃した。マイナスイメージがそのまま出た」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)
「MOTアニュアル」 若手10人が彩る「装飾」 東京都現代美術館で開催中(産経新聞)
<土曜授業>「賛成」9割 ネット調査(毎日新聞)
【党首討論】資金提供問題、実母には改めて聞かないと鳩山首相(産経新聞)
宗教法人代表を起訴=女性信者に乱暴-水戸地検(時事通信)

<金元死刑囚>めぐみさんに「会った」と証言 日本政府に(毎日新聞)

 大韓航空機爆破事件の実行犯である金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚が、昨年訪韓した日本政府関係者に北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんに「会ったことがある」と証言していることが分かった。中井洽拉致問題担当相が17日、拉致問題関係政策会議で明らかにした。これまで金元死刑囚の韓国誌のインタビューなど、間接情報しかなかったが、政府当局者が証言を認めるのは初めて。

 複数の出席議員によると、中井担当相は金元死刑囚が横田さんに会ったことがあると証言したことなどから、「日本に招致して話を聞く意義がある」と発言、韓国側と交渉していることを明らかにした。中井担当相は金元死刑囚の証言をまとめた報告書について、最近まで聞かされていなかったという。【長野宏美】

【関連ニュース】
平野官房長官:こっそり東京離れる…危機管理担当で異例
時効廃止:中井国家公安委員長 支持する意向を表明
震災障害者支援:法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症
国家公安委員長:マスコミを批判
可視化法案:今国会提出「難しい」…千葉法相ら

禁煙守らぬ職場や人に罰金 厚労省が内部で検討(J-CASTニュース)
比例選候補、若返り進む自民…前回より約2歳(読売新聞)
陸自PKO2次要員の壮行式=350人、今月下旬ハイチへ-北海道(時事通信)
火災 住宅の一部焼き女性死亡 男性が重傷 東京・大田(毎日新聞)
メディカルアライアンスの格付け据え置き―JCR(医療介護CBニュース)

<連続ひったくり>名古屋市内で6件 原付きバイクの男(毎日新聞)

 名古屋市で13日夜、原付きバイクの男による女性を狙ったひったくりが6件(被害額計約6万円)相次いだ。けが人はなかった。男の特徴が似ていることから、愛知県警は同一犯の可能性もあるとみて捜査している。

 県警によると、ひったくりは午後9時5分ごろに瑞穂区塩入町の市道で自転車の女性会社員(23)が前かごから現金約5200円入りのかばんを奪われたのをはじめ、同10時半までに昭和区で2件、中区で1件、中村区で2件発生した。うち5件は黒っぽいダウンジャケットのような上着の男が追い抜きざまに奪う手口だった。【鈴木英世】

【関連ニュース】
ひったくり:愛知で連続7件 バイク使用し被害額14万円
ひったくり:守恒や徳力中心に多発 小倉南署、注意呼びかけ /福岡
刑法犯:コンビニ強盗やひったくり増加--昨年 /埼玉
ひったくり:和歌山市で3件被害 /和歌山
ひったくり:八王子で頻発 年明け22件、バイクで女性狙う /東京

「事件への加担、強要された」=年下の無職少年供述-3人殺傷、宮城・石巻(時事通信)
夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」(産経新聞)
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査(産経新聞)
<石綿>輸入部品から見つかる スズキが回収・交換へ(毎日新聞)
【宮家のご公務】常陸宮ご夫妻、昭和天皇記念館ご視察(産経新聞)

<鴻巣市移動支局>ひな人形の街 人文字でPR 埼玉(毎日新聞)

 人形の産地の埼玉県鴻巣市で開かれる「鴻巣びっくりひな祭り2010」(14日~3月6日)を前に13日、同市立陸上競技場の芝生上に市民500人が「こうのす ひな人形」の人文字を作り、PRした。祭りでは、全国から不要になって寄せられたひな人形約1700体をピラミッド型に飾った高さ6メートル以上のひな壇が市役所ロビーに登場するほか、JR鴻巣駅や商店街など街中に4000体以上のひな人形が飾られる。

 毎日新聞は市役所会場に鴻巣市移動支局を開設し、お誕生日新聞の発行やイベントを展開する。【金沢衛】

【関連ニュース】
ひな人形作り:埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気
雑記帳:「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田
神社石段にひな人形1200体ずらり 千葉・勝浦
遊ナビ:ギャラリー /東京
ひな人形:手作りの味 埼玉・越谷で最盛期

わずか1分で電車進入…高円寺駅の女性救助劇(読売新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(3)「働ける」平均66歳、年商5億(産経新聞)
頭から流血、女性ひき逃げ死…茨城・龍ヶ崎(読売新聞)
電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超(産経新聞)
<火災>民家焼け、71歳女性が死亡 東京・世田谷(毎日新聞)

放火罪 男性に無罪 大阪地裁判決(産経新聞)

 平成19年5月、大阪市西成区萩之茶屋で共同住宅が焼け、3人が死亡、2人が軽傷を負った火災で、現住建造物等放火の罪に問われた無職、尾池治被告(61)の判決公判が16日、大阪地裁で開かれた。中川博之裁判長は「捜査段階の供述に全幅の信頼を置くことができない」などとして無罪(求刑懲役18年)を言い渡した。

 中川裁判長は判決理由で、「被告には顕著な依存的性格傾向が見受けられる」としたうえで、「取調官の意向に沿う供述をした可能性が否定できない」と指摘。

 放火傾向があるなどの状況証拠を加えても「犯人と認めるには合理的な疑いが残る」と述べた。

 起訴内容は、19年5月5日午後11時ごろ、共同住宅「さくら荘」の玄関付近にあった新聞紙にライターで火を付け、建物を全焼させるなどしたとしている。

【関連記事】
「給料安くいらいら」放火容疑で27歳の風俗店員の女を逮捕
警察署で保護男、毛布に火つけ逮捕 「何のことかわかりません」と否認
「音うるさい」と放火容疑 元アパート住人の男逮捕
寝ている妻に火…会社員逮捕 茨城
「放火して丸焼きにしてやる」浜崎あゆみさん宅に脅迫文 容疑の男を逮捕

<石巻2人刺殺>「姉が邪魔だ」18歳少年が周囲に(毎日新聞)
首相動静(2月14日)(時事通信)
あいさつ交わさず、路上駐車も=逮捕の18歳少年-石巻3人殺傷(時事通信)
理学部入試で出題ミス=立教大(時事通信)
日米でプリウスをリコール=今週前半にも、30万台-トヨタ(時事通信)

<ソフトバンク>「王貞治ミュージアム」7月開館(毎日新聞)

 プロ野球の福岡ソフトバンクホークスは15日、本拠地のヤフードーム(福岡市中央区地行浜)内に、「王貞治ベースボールミュージアム(仮称)」を設立すると発表した。ドーム内にあるスポーツバーを改装し、今年7月に開館する予定。

 施設は、前監督の王貞治球団会長(69)が現役時代に実際に使用した野球用具や資料の展示に加え、最新の映像技術などを用いて子どもたちが野球の楽しさを感じることができるような内容を計画している。

 王球団会長は「『過去の振り返り』ではなく、子どもたちに野球の素晴らしさを伝える施設を作ってもらえるとのことで、大変楽しみ。次世代の子どもたちへのメッセージをたくさん発信していければ」とのコメントを出した。施設の詳細は3月下旬に発表される予定。【大島祥平】

【関連ニュース】
プロ野球:決意新たに始動…12球団キャンプイン
訃報:武宮敏明さん 88歳=元プロ野球巨人捕手、2軍監督、寮長
毎日スポーツ人賞:文化賞 「ONの時代」NHK制作チーム
小林繁さん急死:長嶋氏「トレード残念な思いでいっぱい」王氏「一時代築いた好投手」
ひと・ヒト・人:第一工大硬式野球部監督・岡留浩紀さん /鹿児島

「異常死隠すため病室に運んだ」=主治医塚本容疑者-手術記録も所在不明・奈良県警(時事通信)
橋下知事「民主党は理念ない。うそ八百だ」 参院選にも言及(産経新聞)
コーエー「朝鮮海」表記修正へ 「古地図使わないものに」(J-CASTニュース)
ミュージシャン竹前容疑者を逮捕=自宅で大麻所持容疑-神奈川県警(時事通信)
2010年度診療報酬改定のポイント(1)(医療介護CBニュース)

中国のゴルフ会員権虚偽販売=詐欺容疑で社長ら逮捕-被害7億超か・警視庁(時事通信)

 「高値で必ず売れる」と偽り、中国のゴルフ場の会員権を販売したとして、警視庁生活経済課などは12日、詐欺容疑で、ゴルフ会員権販売会社「新日本総販」(東京都墨田区)の社長岡田浩之容疑者(42)と社員ら計11人を逮捕した。
 捜査関係者によると、岡田容疑者は任意の事情聴取に対し、容疑を否認。一部の社員は「資金繰りのためにやった」と話している。被害は高齢者を中心に約7億4000万円に上るとみられ、同課は資金の流れを解明する。 

【関連ニュース】
県アルバイト職員を逮捕=8000万円詐取か
大学院教授を懲戒解雇へ=研究費流用、医学部長も処分
詐欺容疑で5年逃走の男逮捕=捜査員、人相でピタリ
パソコン、デジカメ購入か=大学院教授の不正経理
山口大、大学院教授を告訴へ=「預け」で1億3000万詐欺容疑

岐阜市長選、現職・細江氏が4選果たす(読売新聞)
無償化…私立高、逆に競争率上昇 関西3府県で入試始まる(産経新聞)
山本病院元理事長、6日再逮捕へ=不要手術で患者死亡-業過致死容疑・奈良県警(時事通信)
小糸、旅客機座席の強度偽装…世界の千機に影響(読売新聞)
鳥取不審死、運転手水死も強盗殺人容疑で立件へ(読売新聞)

<訃報>小出まり子さん=小出宣昭・中日新聞社専務の妻(毎日新聞)

 小出まり子さん64歳(こいで・まりこ=小出宣昭・中日新聞社専務、東京新聞代表の妻)11日、胆管細胞がんのため死去。葬儀は13日午後1時、名古屋市東区飯田町36の禅隆寺。喪主は宣昭(のぶあき)さん。

和歌山の仁坂知事 再選出馬へ  (産経新聞)
小沢幹事長 「政治塾」の冬季講義始まる 60人が参加(毎日新聞)
婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)
<オリックス・小瀬選手>宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>サンタ姿で暴行、放火 43歳の男を逮捕(毎日新聞)

石川議員、午後に離党届(時事通信)

 政治資金規正法違反事件で起訴された民主党の石川知裕衆院議員は11日午後、党本部に離党届を提出する。同党関係者が明らかにした。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「政治資金収支報告書の虚偽記載罪」
世論意識、一転離党へ=幕引きなお不透明
「意図的な虚偽報告ない」を撤回=会見発言は誤解
首相、じわり「脱小沢」=枝野氏起用、仙谷氏が進言
石川議員の辞職要求=離党で幕引き許さず

都職員、酒酔い運転で逮捕=埼玉県警(時事通信)
<皇后さま>「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館(毎日新聞)
首相63歳に、和田アキ子さんらと誕生会(読売新聞)
「ここでは申し上げない」鳩山-小沢会談について首相(産経新聞)
「これ以上の説明はない」=規正法違反、石川議員の辞職に否定的-小沢氏(時事通信)

8億円落下…開発中の無人機、エンジン止まり(読売新聞)

 防衛省は9日、偵察機として開発している無人機(全長5・2メートル、全幅2・5メートル)が硫黄島付近の上空を飛行試験中、トラブルでエンジンが停止したため、洋上に落下させたと発表した。

 同省によると、同日午前9時45分ごろ、硫黄島の北北西155キロの上空で、無人機を母機となるF15戦闘機から切り離したところ、直後にエンジンが停止したため、約5分後、F15の操縦士が付近に船舶がいないことを確認した上で、遠隔操作で無人機を落下させたという。機体は水没した。

 同省は2004年度から無人機を開発しており、今回の機体も含め4機を製造し、昨年12月から試験飛行をしていた。今年度までの開発総経費は約103億円で、機体は1機約8億円に上る。

触った相手は女性警官、痴漢容疑で現行犯逮捕(読売新聞)
<センバツ>入場行進曲を録音 バラード曲がマーチに(毎日新聞)
<新潟水俣病>和解に向け8日に事前協議 未認定患者救済(毎日新聞)
前原国交相「秘書3人起訴の事実は重い」(読売新聞)
<訃報>堀武夫さん92歳=元運輸事務次官(毎日新聞)

<企業献金>与野党に温度差 規正法改正が焦点に(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件の捜査に区切りがつき、今後は「政治とカネ」問題に対する国会の取り組みが焦点となる。民主党は以前から主張してきた企業・団体献金禁止などを柱とする同法改正案の提出を目指す構え。これに対し野党は規制強化の方向では一致するが、自民党が企業・団体献金禁止に反対するなど温度差もあり、与野党協議がスムーズに進む雰囲気ではない。【中田卓二、白戸圭一】

 民主党は企業・団体献金を3年後に禁止する同法改正を昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)に明記した。政権交代後の動きは鈍かったが、今回の事件で石川知裕衆院議員が逮捕された3日後の1月18日の党役員会で、政治資金対策チーム(座長、海江田万里・政治改革推進本部事務局長)の設置を決定。改正案の今国会提出を目指すとしている。

 1月28日の同チームの初会合では、解散を決定した政党が国から受け取った政党交付金を政治団体に寄付することを禁じる措置なども議論した。これは小沢氏がかつて率いた新生党と自由党を解党した際、残った資金のうち計約22億円を自身の関連政治団体に移していたことへの批判をかわす狙いがある。

 自民党は政党交付金の他団体への寄付を禁じる政党助成法改正案を今国会に公明党と共同提出し、民主党に揺さぶりをかけている。ただ、企業・団体献金の禁止には反対で、改正論議が与党や公明党のペースで進むことへの警戒感は強い。

 「政治とカネ」重視の姿勢を前面に出しているのが公明党だ。1日には与野党の協議機関を国会に設置するよう提案。昨年の臨時国会には独自の政治資金規正法改正案を提出し、秘書など会計責任者が政治資金収支報告書に虚偽記載した場合、国会議員が「選任」「監督」いずれかの責任を怠れば議員本人の公民権を停止する罰則強化を主張している。

 この改正が実現すれば、鳩山由紀夫首相の偽装献金問題のケースが当てはまる可能性がある。首相は3日の参院本会議で、公明党の山口那津男代表に「前向きに検討すべきだ」と答弁した。

【関連ニュース】
社民党:石川議員起訴で「辞職に値」
辞職勧告決議案:石川議員起訴なら自民・公明提出へ
小沢幹事長:再聴取受ける 立件なら辞任示唆
世論フォーラム:企業献金禁止法案「今国会に」…細野氏
民主党:「政権公約実現の会」が政治団体で届け出へ

<地震>沖縄・八重山で震度3 津波注意報(毎日新聞)
首相動静(2月2日)(時事通信)
雑記帳 建設会社が「わさびチョコ」発売(毎日新聞)
さっぽろ雪まつり 週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
小沢氏事件で首相「検察の解明待つのが肝要」 参院代表質問(産経新聞)

JR常磐線の線路脇に放火 容疑の男逮捕 ひたちなか(産経新聞)

 JR常磐線の線路脇の斜面に火をつけ、列車の運行を妨害したとして、茨城県警ひなちなか西署は4日、建造物等以外放火と威力業務妨害の疑いで、茨城県ひたちなか市津田、自称土木作業員、橋野幸広容疑者(42)を逮捕した。同署によると、橋野容疑者は「やっていない」と容疑を否認している。

 同署の調べによると、橋野容疑者は同日午前10時45分ごろ、同市勝倉の常磐線高架下の斜面で枯れ草に放火し、列車に遅れを生じさせた疑いが持たれている。

 付近では1月20日以降、那珂川河川敷などで十数件の不審火が発生していた。

 現場は勝田駅-水戸駅間の線路東側の斜面。斜面の脇は農道になっており、橋野容疑者は自動車で移動しようとしていた。

 JR東日本水戸支社によると、この火災の影響で、特急スーパーひたち15号など下り列車3本に最大4分の遅れがあった。

【関連記事】
住宅街に悲鳴「もう無理」 神戸の火事3人死亡
寝ている妻に火…会社員逮捕 茨城
リサイクル店でテレビなど数千台燃える 福岡
金大中氏の墓近くに放火か 芝生焼ける
義務化の火災警報器、どうしたらいいの? 取り付けは正しい場所に

<日弁連会長選>当落確定せず 初の再投票に(毎日新聞)
山田京都府知事が3選出馬を表明(産経新聞)
山本病院理事長ら逮捕 業過致死容疑 経験なく肝臓手術(産経新聞)
<介護福祉士>埼玉県が初の受験料助成 来年度から(毎日新聞)
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)

<水俣市長選>宮本勝彬氏が再選 熊本(毎日新聞)

 水俣市長(熊本県)宮本勝彬氏(66)が再選。元会社役員の山内康功氏(62)を破る。投票率は72.77%。

 確定得票数次の通り。

 当9231 宮本 勝彬=無現<2>

  7453 山内 康功=無新

<普天間移設>日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補(毎日新聞)
雑記帳 あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社(毎日新聞)
小沢幹事長、続投の見通し(読売新聞)
桜前線3月19日上陸か、平年より数日早い?(読売新聞)
【視点】山本病院事件 聴取拒否 「故意」立証難しく(産経新聞)

<将棋>名人戦 順位戦A級3日(毎日新聞)

 (左が勝ち)

 高橋九段 89手 井上八段

 (5勝3敗)(3勝5敗)

【関連ニュース】
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:卒業後も出雲で活動…高校生棋士・里見香奈さん
将棋:谷川、三浦が首位 追う郷田ら4人 A級順位戦
将棋:羽生、接戦制し1勝1敗に…王将戦・第2局
将棋:1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局

<コンビニ>車が突っ込む…けが人なし 大阪・八尾(毎日新聞)
「1Q84」 「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)
太宰治に井伏鱒二、徳富蘇峰も…御坂峠遠望「まるで注文どうり」の富士山(産経新聞)
「本命外し」談合組織へ指示=ゼネコン側、妨害恐れ献金-東北工事で小沢事務所(時事通信)
学力テスト抽出率にばらつき 対象外でも自主参加可能(産経新聞)

北の不正輸出 中韓迂回ルート構築 幹部が発注を主導(産経新聞)

 核開発や拉致問題に対する制裁として日本政府が北朝鮮に禁輸措置を取って以降、北朝鮮向けに物品が不正輸出され、摘発を受けた事件は、すべて同一人物が発注を主導し、物資獲得のための秘密ルートを構築していたことが2日、警察当局の調べで分かった。不正輸出にはいずれも中国・大連の企業や、韓国のペーパーカンパニーを介在させており、日中韓朝にまたがる大掛かりな裏のネットワークが浮かび上がった。

 警察当局は、摘発した事件の関係者の供述や押収資料などを分析。物品の発注を主導したのは、自称「厳光哲(オムグァンチョル)」だったことを突き止めた。

 「厳」は北朝鮮の秘密警察にあたる「国家安全保衛部」の幹部で、経済産業省がミサイル開発などに関与している疑いがあるとしてリストに掲載している北朝鮮の貿易会社「新興貿易」の社長も兼ねているとされる。複数の国のパスポートを所持していることも警察当局は把握している。

 兵庫県警が昨年12月に摘発した事件では、貿易会社「スルース」に化粧品や食料品などを発注。大連向けと偽り北朝鮮に輸出させていた。京都府舞鶴市の中古自動車販売会社「株式会社盛田忠雄」が、軍事転用可能なタンクローリーを韓国向けと偽って北朝鮮に輸出しようとして昨年5月に摘発された事件でも、発注した朝鮮人民軍系の商社「白虎7」に発注を指示した疑いが強まっている。

 「盛田」社が独高級車メルセデス・ベンツやピアノを不正輸出した別の事件でも、金正日総書記の秘密資金を管理する特務機関「朝鮮労働党財政経理部(39号室)」配下の「ルンラド貿易」に発注を指示。故金日成主席の偉業をたたえる任務を担う「主席宮経理部」に所属する商社「ルンラ888」とスルースとの貿易にも主導的に関与していたことも判明した。

 警察当局の調べでは、「厳」は不正輸出の際、迂回(うかい)先として大連の貿易会社「大連グローバル」を利用。韓国向けと偽る際には、大連グローバルが作った韓国内のペーパーカンパニーが使われていた。大連グローバルは、朝鮮族の中国人が経営し、大連と北朝鮮との貿易関係では独占的な地位を確保しているという。

 日本政府は北朝鮮に対し平成18年10月に贅沢(ぜいたく)品の輸出を禁止。昨年6月からは全面禁輸措置を取っている。

<毎日・DAS高校生デザイン賞>大阪で表彰式(毎日新聞)
<京大病院>90代患者から高濃度インスリン検出(毎日新聞)
<参院代表質問>「同志」発言で鳩山首相が答弁(毎日新聞)
ひな人形作り 埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気(毎日新聞)
車両接近通報装置、課題解決はメーカーに(レスポンス)

明かされる遺体や傷の状況… アキバ殺傷・加藤被告、うつろな瞳で聞き入る(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第3回公判】(2)10:15~10:49

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)の犯行による被害者の傷の状況に関する証拠調べが続いている。村山浩昭裁判長ら3人の裁判官と、検察官、弁護人席に置かれたモニターには写真などが示されているが、傍聴席から見える大型モニターには、何も映し出されていない》

  [フォト]フロントがボコボコに…犯行に使った2トントラック

 《右胸を刺されて死亡したEさんに関する証拠の読み上げが始まった。加藤被告はうつろな瞳で、検察官を見つめている》

 検察官「…その傷は、幅6センチ、前の右から後ろ側へ、深さは11・2センチ。肝臓や大静脈を貫通し、副腎なども損傷していました…。長さ11・2センチか、それ以上の刃物により形成されたと…」

 《ここで、遺体の写真がモニターに示されたようだ。計2枚。村山裁判長らは、厳しい表情でモニターに見入っている》

 検察官「東京都文京区湯島の、東京医科歯科大学付属病院の医師に問い合わせた結果、Eさんの死亡が確認されたのは、平成20年6月8日の午後4時30分です」

 《8人目の被害者・Fさんは、後ろから背中を刺された。自ら携帯で「刺された、背中を刺された、息苦しい」と119番通報。その後、搬送先の病院で亡くなっている》

 検察官「(Fさんの)傷は幅4・8センチ、左後ろから右前下方に向かって深さは10・9センチ。左肺を損傷しており、それが致命傷です」

 「遺体の刺創部分の写真を1枚、示します…」

 《Fさんに続いては、胸を刺され、全治6カ月の重傷を負った△△さん(法廷では実名)、背中を刺されて全治3カ月だった○○さん(同)、腹を刺され全治3カ月のGさん…。検察官は淡々とした口調で、被害者の負傷状況の説明を続けていった》

 検察官「(△△さんの傷は)右肺と横隔膜を貫通し、肝臓にまで達していました。胸腔内に血がたまり、血気胸になっていました…」

 「(○○さんは)15分間は心肺停止状態で、蘇生(そせい)術を実施し、心肺再開後に開胸手術を行い…」

 「(Gさんは)入通院中は精神科医によるケアを実施しています」

 《深刻な後遺症に苦しむ被害者の実状も明らかにされた。後ろから腰を刺されたHさんだ》

 検察官「神経を包んでいる硬膜を損傷し、脳脊髄(せきずい)液が漏れ出ております…断裂された神経は再生せず…」

 「負傷により、下肢まひが完治せず、排尿や排泄(はいせつ)には、おしめが必要です。装具なしには歩行できません。重篤な後遺症が残存するとしています」

 《日常生活に大きな影を落とすケガを負った被害者たち。加藤被告は背筋を伸ばし、証拠を読み上げる検察官を見つめている》

 《検察官は重軽傷を負った被害者2人や、亡くなった松井満さん=当時(33)=の負傷の状況などの読み上げに移っていく》

 検察官「松井満さんの司法解剖の結果です。腹部刺創による動脈の切断…。傷は約6センチで、6センチ以上の刃器によるものとみられます。次にご遺体の腹部の状況を示します」

 《検察官は裁判官らのモニターに遺体の傷の状況を映し出す。傍聴席に向けて設置された大型モニターの電源は切られたままで、映像を見ることはできない》

 検察官「松井さんが搬送された病院によると、松井さんの死亡確認は平成20年6月8日午後5時32分でした」

 《加藤被告は身じろぎせず検察官の方へ視線を送っている。表情は変わらないが、せわしなく瞬きを繰り返した。引き続き、検察官は全治約2カ月のケガを負ったIさんの診断などを読み上げた》

 検察官「次に(亡くなった)Jさんの司法解剖の結果です。死因は前胸部の刺創です。傷跡は約12・5センチ、深さは約9センチで刃器によるものです。Jさんのご遺体の傷口の部分の写真を示します」

 《裁判官3人はモニターに鋭い視線を送っている》

 検察官「Jさんは、搬送された病院で死亡が確認されました」

 「次に、被害者のKさんの状況です。最初に治療を受けた病院の診断では左背部刺創…」

 《背後から加藤被告に刺されたKさんが、病院で診察を受けた際のCT画像や傷口の画像が小型モニターに映し出されているようだ。弁護側の長いすに座った加藤被告は、自身の前にモニターが設置されておらず、前をじっと見たまま微動だにしない》

 検察官「Kさんが(平成20年)6月20日に退院した後、転院した病院で6月24日に初診を受けました。7月には右腎臓の損傷も完治し、8月6日にはそのほかの傷もほぼ完治しており、全治まで約2カ月間だったといえます」

 《Kさんの被害状況についての説明に続き、男性検察官は、加藤被告が犯行時に使用したダガーナイフに付着した血液などの鑑定結果について、報告書の説明を始める》

 検察官「被害者のEさん、JさんのDNAと比較した結果、2人のDNA型を含んだ血液が付着していました」

 《証拠の読み上げを終え、男性検察官はゆっくりとその場に座った。読み上げられた証拠を受け取った村山浩昭裁判長は、分厚い資料にざっと目を通して確認する》

 裁判長「今日の書証の読み上げは終了でいいですか」

 《村山裁判長は証拠調べの終了を確認した上で、午前11時10分まで休廷をはさみ、目撃者の証人尋問を行うことを告げた。加藤被告はいち早く、すっと立ち上がると左手の刑務官側を向き、手錠を付けるために素早く両手を差し出した。腰縄もされて退廷する際、傍聴席に青白い顔を向け、軽く一礼し、法廷を後にした》

 =(3)に続く

【関連記事】
(1)「見えてはいけない映像」傍聴席に丸見え? 急にモニターずらす弁護人 秋葉原殺傷 第3回公判ライブ
証人を遮蔽、けがの状況生々しく 秋葉原殺傷第3回公判
「刺された!」「あいつ、やばい!」響く怒声、制圧試みるも…  秋葉原殺傷第2回ライブ
「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情 秋葉原殺傷第2回ライブ
■特集:法廷ライブ「秋葉原17人殺傷 第3回公判」

「戦場そのものだった」=目撃者の証人尋問-秋葉原殺傷第2回公判・東京地裁(時事通信)
【from Editor】強さの秘密を探る(産経新聞)
無許可産廃処理 業者ら4人逮捕 容疑で兵庫県警(産経新聞)
地上100m!橋下知事、通天閣で豆まき(読売新聞)
<航空トラブル>NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)

学生音コン 入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)

 第63回全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催・NHK後援、協賛=ANA、毎日ビルディング)東京大会の入賞者発表演奏会と表彰式が30日、東京・千駄ケ谷の津田ホールで行われた。

 昨秋の東京大会はピアノ、バイオリン、フルート、声楽の4部門に、小学から大学・一般の部まで計832人が参加し、49人の入賞・奨励賞者が選ばれた。予・本選の場でもあった同ホールで、各部門各部の入賞者が、それぞれ得意の曲に思いを込め演奏、温かい拍手に包まれた。

 表彰式では、主催者を代表して堂馬隆之毎日新聞事業本部長があいさつ、杉浦晃NHK音楽・伝統芸能番組部長らから各賞が贈られた。

【関連ニュース】
モーツァルト:「神童」の弾いたバイオリンで演奏披露
学生音コン:入賞者ら決まる 声楽・高校の部など
学生音コン:バイオリン高校1位は大江さん
生きる:横浜でクラシック演奏 病気の子ら2千人を魅了
生きる:小児がん征圧キャンペーン 小6熱演、子供に勇気 前橋さん・辻井さん演奏会

独特の色彩、初の「“画家”忌野清志郎」個展始まる(産経新聞)
「特等席」は中井氏の地元=全国のマスコット集結-会見に背景パネル・警察庁(時事通信)
首相動静(1月30日)(時事通信)
毎日新聞に100万円賠償命令=元秘書官発言、不正確に引用-東京地裁(時事通信)
<夕張市>赤字返済19年に短縮 財政再生計画素案を修正(毎日新聞)

<サル>ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)

 恋の季節がピークを迎えた大分市の高崎山自然動物園で、人気者の雄ザル・ナベ(推定27歳)が群れを移籍し、新天地で「恋人探し」に励んでいる。人間なら80歳程度という高齢。元の群れでは序列3位という地位をなげうっての恋の道に、同園は「高齢での移籍は近年例がないが、ナベが幸せなら……」と、繁殖期特有の赤い顔と尻を見守っている。

 ナベはプレーボーイらしく、餌を食べるとき小指を立てる仕草が有名。08年5月にロケがあった「釣りバカ日誌19」では銀幕にも登場した人気者だ。C群(696匹)で約10年間過ごしたが、ここ2年間はB群(526匹)に姿を見せる「二重生活」を送り、09年11月から完全にB群に移った。

 C群でのナベの序列は3位で、1位も視野に入る状況。餌の確保にも苦労しない立場だったが、B群では新参者なので「最も下っ端」扱いだ。

 案内担当の種村将さん(36)たちは、移動の理由を「求愛目的」とみる。群れで長く過ごすオスは、メスから敬遠される傾向があるため「『子孫を残したい』との本能が勝ったのでは」と種村さん。

 毛並みがくたびれつつあるナベだが、恋の行方は「新参者はモテるので、それなりに順調」(種村さん)という。自ら求愛したり、逆に求愛される姿も目撃された。種村さんは「ヒト社会なら『地位がもったいない』となるだろうが、あまり気にしていないでしょう」。恋の季節は3月まで続く。【小畑英介】

【関連ニュース】
大分・高崎山:ボスザルも政権交代 11年在位ゴルゴ失脚
掘り出しニュース:ニホンザル:高崎山も政権交代、15代目ボスにタイガー就任
キラキラ★スポット:2・7別大マラソンコース探訪/1 /大分
毎日新聞寄付講座:別大マラソンをテーマに講演--芸短大 /大分
別府大分毎日マラソン:見学しよう 県、「ふれあい探検隊」募集 /大分

船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」(産経新聞)
<相場操縦>容疑の元社員に課徴金 証取監視委が勧告(毎日新聞)
<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)
群馬のヘリ墜落事故、原因に「コミュニケーション不足」?(産経新聞)
<リコール>シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)

<糖尿病移植治療>拒絶反応を抑制…マウスで成功(毎日新聞)

 膵臓(すいぞう)の膵島(すいとう)細胞を移植した後に起きる拒絶反応を抑えることに、福岡大と理化学研究所の共同チームがマウス実験で成功した。膵島細胞に多く含まれるたんぱく質「HMGB1」が移植先の免疫を活性化させてしまうことが拒絶反応の主な原因で、HMGB1の抗体を投与すればこれを抑えられることを突き止めた。

 膵島細胞は血糖値を下げるインスリンを分泌する働きがあり、膵島細胞の移植は、重度の糖尿病治療で有効。しかし、24時間以内に移植細胞の約6割が拒絶反応で破壊されるため、拒絶反応抑制が課題になっている。研究結果は、1日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に掲載された。

 福岡大医学部の安波洋一教授らは、膵島細胞の移植後、HMGB1が大量に放出される現象に着目。HMGB1の血中濃度が上がると、免疫作用を持つインターフェロン・ガンマも増加する一方、HMGB1抗体を投与すれば、破壊される細胞は約15%にとどまることが分かった。移植効率は約4倍に改善したという。【阿部周一】

【関連ニュース】
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
糖尿病

石川選手「e-Tax」大使に(産経新聞)
捨てたタオルが逮捕の決め手に ひったくり容疑で会社員の男逮捕(産経新聞)
鳥取連続不審死 上田容疑者のウソで固めた人生(産経新聞)
首相演説「労働なき富」に共産委員長が皮肉(産経新聞)
閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)

<北海道漁船銃撃>露外務省に抗議(毎日新聞)

 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターから銃撃された事件に関し、1月30日に上月豊久駐ロシア臨時代理大使からロシア外務省のガルージン第3アジア局長に対し、口頭で厳重抗議したと明らかにした。

 抗議は▽ロシア側の対応は人命損失につながりかねず不適切▽領土問題での日本の立場、北方四島周辺における安全操業協定の趣旨をないがしろにする行為につながりかねない▽再発防止の徹底を求める--との内容。

 平野氏は「言い分が日露双方で違うので検証しなければならないが、銃撃で船体に被弾するのは極めて人命にとって問題だ」と述べた。【横田愛】

【関連ニュース】
漁船銃撃:被弾の2隻、弾痕を隠す 事実を隠ぺいか
国後沖:「停船要求無視」露が射撃認める
国後沖:露ヘリが日本漁船に照明弾
日露外相会談:領土問題、認識の差埋まらず
ロシア:「不法占拠」見解で抗議集会 北方領土めぐり

テレ朝が業績予想を上方修正 10年3月期、スポット広告が好調(産経新聞)
<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)
米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)
道路しゃがみ込み?男性はねられ死亡 大阪(産経新聞)
ひったくり少年に「偽ヴィトン買わない?」 商標法違反容疑でタクシー運転手逮捕(産経新聞)

<日本原子力学会>原発トラブルに専門家の解説チーム発足へ(毎日新聞)

 日本原子力学会(会長=横溝英明・日本原子力研究開発機構理事)は27日、原子力施設のトラブルで放射性物質の漏えいなど住民の安全が懸念される場合、自治体と報道関係者からの問い合わせに応じる「異常事象解説チーム(略称・チーム110)」を2月1日に発足させると発表した。国や電力会社など当事者とは異なる専門家の立場からトラブルの重大性などを解説し、住民避難など緊急時の判断材料にしてもらう狙いだという。

 チームは、電話で応対する「解説担当者」の大学教員約10人と、情報を集める約100人の「技術支援者」で構成。トラブルが発生した場合、平日休日を問わず、スタッフが対応し、問い合わせの内容に応じて最適な解説担当者につなぐ。

【関連ニュース】
原発:管理区域内にたばこの吸い殻 敦賀、東海第2、美浜
核燃再処理工場:稼働凍結求める10万人署名 首相に提出
放射性廃棄物:ガラス固化体、3月に英国から日本に返還
北朝鮮:濃縮ウラン計画「遅くとも96年から」…韓国外相
伊方原発:耐震安全性、国の安全委も認める

首相、参院選後に省庁再編検討(産経新聞)
<地震>青森県で震度4=午後4時19分ごろ(毎日新聞)
<陸山会土地購入>「小沢氏に収支報告」石川議員(毎日新聞)
<入管法違反容疑>中国人不法就労 老舗旅館社長を書類送検(毎日新聞)
公務員II、III種試験の日程発表=人事院(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。