スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)

 日本医師連盟(日医連)は4月20日に開いた執行委員会で、今年夏の参院選比例代表で推薦する候補について議論したものの、結論には至らなかった。今後、各都道府県医師連盟の意見を集約した上で、月末にも開かれる同委員会で最終決定することになった。

 日医連では昨年1月、自民党の西島英利氏の推薦を機関決定している。しかし、その後の政治状況の変化などにより、改めて対応を協議することになった。
 日医会長でもある原中勝征委員長は、会長選に向けた選挙活動の中で、政権与党である民主党とのパイプの太さを強調。会長に就任すれば西島氏の推薦を取りやめるよう提案する考えを示していた。

 同委員会後の記者会見で原中委員長は、「状況が変わった中で、会員の先生方がどういう考えを持っているのか。再度各県に持ち帰った上で、もう一度集まって決定することになった」と説明。同委員会では「一度決めたものを変えるのは難しい」「(原中)会長の意見を尊重すべき」などさまざまな意見が出たという。

 西島氏の推薦を撤回する考えが変わっていないかを尋ねられた原中委員長は、「できれば民主党の人たちとこのままいい関係が続けばいいと思っている」と述べた。また、「政権政党でなければわれわれの意見が通らないということは確か」と述べ、この日の執行委員会では民主党を支持すべきとは明言しないながらも、政権政党と結び付く必要性を強調したことを明らかにした。

 さらに、「これだけ(参院選の)日にちが迫ってくると、組織内で(新たに候補を)出すのは不可能」と指摘した上で、日医会員が推薦を依頼してきたときには、できるだけ多くの人に認めたいとの意向を示した。その場合、「どちらかというと民主党が多くなる可能性はある」と述べた。

 各都道府県医師連盟の意見を集めた結果、多数意見に従うか、最終的に委員長として判断するかを聞かれた原中委員長は、「(先の会長選の)投票数が3分の1だからどうなるか分からない」とする一方、「政治活動がうまくいかなくても、医師会としてきちんと物を言っていけばいいと思う。医師連盟の活動イコールわたしの運命だと思わないでほしい」と語った。


【関連記事】
「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
「民主党に物が言えるのは私だけ」-日医会長選、原中候補が主張
日医会長選、茨城・原中会長がマニフェスト発表
日医連、「政権与党である自民党」支持方針を撤回

<水死>75歳男性、揖斐川で投網漁中 岐阜(毎日新聞)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)
<有料老人ホーム>「頭取り」廃止へ 静岡の運営会社(毎日新聞)
高速新料金法案に「異唱えぬ」=川内衆院国交委員長が首相に(時事通信)
スポンサーサイト

橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)

 大阪市の平松邦夫市長は14日の記者会見で、橋下知事が来年秋の次期市長選への出馬の可能性に言及したことについて、「私自身も2期目はまだ表明していない段階でターゲットにしていただけるというのは、光栄なようで、的はずれなようで……」と皮肉交じりに感想を述べた。

 橋下知事は13日の民放番組で、自らが掲げる府市再編による「大阪都構想」に平松市長が賛同しなければ「(自ら出馬する)可能性はゼロではない」と発言。平松市長は「大阪都構想はイメージばっかりで、そこに乗ってしまう動きを一番気をつけないといけない。知事は実態のないことを、さも実態があるようにおしゃべりになるのが非常に得意だ」とけん制した。

「2020年代に10%台後半」 経団連、同友会 成長戦略に消費税盛る(産経新聞)
<千葉障害者準強姦>被告に懲役8年求刑 起訴内容認める(毎日新聞)
医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に-文科省(時事通信)

<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)

 警視庁組織犯罪対策2課によると、村本博之さん(43)の遺体は13日夕、成田空港に到着後、東京都練馬区の自宅に向かう。組対2課は、海外で日本人が殺人や誘拐事件の被害者になった場合に適用される刑法の「国外犯規定」に基づき殺人容疑で捜査する方針を固めており、14日午前、東京大で遺体を改めて司法解剖し詳しい死因を調べる。

 警察庁を通じ組対2課に入った連絡によると、村本さんに当たった弾は左胸から右肩の裏側に貫通していた。左方から撃たれた可能性が高く、死因は大量出血だったという。【神澤龍二】

【関連ニュース】
少年審判傍聴:遺族ら169人認める 制度開始から1年
児童ポルノ:規制強化求め緊急アピール 弁護士ら10人
地下鉄サリン:被害者ら福島担当相に支援充実要望
時効見直し:刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止
地下鉄サリン:遺族が関係者取材、映像に 20日で15年

電車内で女子学生の体触る 税務署員を現行犯逮捕(産経新聞)
ツイッターのビジネス活用ガイドライン「Twitter 101 for Business」
日航、全日空3便引き返し=アイスランドの火山噴火で-成田空港(時事通信)
大極殿 復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
糖尿病領域の活動強化でビジネスユニット創設―サノフィ・アベンティス(医療介護CBニュース)

石川知裕衆院議員、小沢氏の政経セミナーに姿現す(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で逮捕・起訴され、同党を離党した石川知裕(ともひろ)衆院議員が、8日の小沢氏の「政経フォーラム」の際に姿を見せたことが9日、分かった。

 小沢氏は8日、都内のホテルで政治資金パーティーのフォーラムを開催した。石川氏はフォーラム会場の受付脇に立って、来場者にあいさつした。

 石川氏は旧知の来場者と「自由党のとき以来ですかね」などと言葉を交わし、握手や記念撮影を行った。別の来場者からは「大変でしたね」と声をかけられ、「人生いろいろですから」と応じ、小沢氏の到着前に会場を立ち去った。

 事件の責任を取る形で民主党を離党し、今は無所属の石川氏だが、小沢氏との「師弟関係」は健在のようだ。

【関連記事】
小沢氏の不起訴審査近く議決へ 検察審査会
小沢氏が資産報告を訂正 勝どきの土地など所有
小沢氏、共同資産のホテル不記載 公表義務に抵触も
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」
鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種
「中国内陸部の資源事情とは…?」

与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)
タケノコ産地偽装、元社長に有罪=「倫理観欠如」と批判-名古屋地裁(時事通信)
<坂本龍馬像>飲酒運転はいかんぜよ 巨大人形で呼びかけ(毎日新聞)
<ヤギ>左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)
高杉晋作記念館、遺品展示できず…ひ孫が断る(読売新聞)

病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)

 徳洲会グループは6日、臨床研究3例目となる病腎(修復腎)移植移植手術を愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で開始した。万波誠医師(69)の執刀で行われ、午後にも終了する見通し。

 病院によると、手術は愛媛県内の50代の腎がん患者の男性から、透析治療を続ける県内の50代の慢性腎不全患者の女性への移植。同病院は病腎移植を昨年12月末、約3年半ぶりに臨床研究として再開し、1例目を第三者間で、3月に2例目を夫婦間で実施した。

【関連記事】
病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

前田日明氏「出るなら比例」(スポーツ報知)
関東で暴風、6人が負傷…空と陸の足に乱れ(読売新聞)
<与謝野元財務相>新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)
蟹江3人殺傷 パーカ姿の不審男 事件前日に目撃(毎日新聞)
<国際化学オリンピック>日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)

皇后さま 旭出学園工芸展を訪問 日本橋三越で開催中(毎日新聞)

 皇后さまは29日、東京都中央区の日本橋三越本店で開催中の「第23回旭出学園工芸展」に訪れた。同学園は幼児から成人までの知的障害者を対象に都内や静岡県などで教育や生産活動を行っている団体で、隔年で作品展を開いている。

 皇后さまは皇太子妃時代から同学園の活動などを視察してきた。この日も障害者が作り、展示・即売している焼き物や織物などを約30分間にわたって見て回り、鍋敷きやはし置きなど数点を自ら購入した。

首相動静(3月28日)(時事通信)
女性駅員に下半身露出=容疑で消防士逮捕-警視庁(時事通信)
外相、28日から米・カナダ訪問=普天間移設、検討状況説明へ(時事通信)
いっそ学校は昼まで…塾通いに補助を(産経新聞)
<島根原発>1号機の手動停止作業始める 点検漏れで(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。